一人暮らしで知っておいたほうが良い知識

一人暮らしをする場合に知っておいたほうが良い知識

一人暮らしをする場合には不動産会社に頼ることは不可避です。
ですが何から何までアドバイスしてくれるとも限りません。
自分である程度の知識を持っているほうがスムーズです。
今回は【一人暮らしをする場合に知っておいたほうが良い知識と女性の一人暮らしにオススメな中目黒】
についてまとめておきましょう。
 
  • 昼と夜とでは周囲の環境が違うこともある
 
例えば駅周辺の物件です。歓楽街の近くは回避したほうがいいでしょう。
昼間は静かなのです。下見をするときも昼間に行くことが多いですから、ついつい勘違いしてしまいます。
ですが夜は酔っ払いがうるさいですし、パトカーや救急車が頻繁に行き交います。
昼間とは全く違う夜の顔があるエリアもあります。
 
静かな環境だとリラックスできない人も多いでしょう。
昼間は静かでも夜がうるさければ眠ることもできません。夜の環境も想定しましょう。
実際に不動産会社の担当者に周囲の環境を聞いておくことが大切です。
駅近の物件は確かに便利はいいのですが、こういった落とし穴があります。
 
  • 不動産会社の担当者の言葉を真に受けないようにしよう
 
営業マンは何を目標にしているかと言うと、契約をとることです。
だから必至で売り込みをかけてきます。そこで注意したいフレーズがあります。
 
「この物件は検討している人も多く、人気があります」
「早めに契約しないと、午前中も下見に来られたお客さまがおられます」
「じっくりと検討されるのもいいですが、あまりのんびりされていると良い物件はすぐになくなりますよ」
 
気に入った部屋があれば即決してもいいでしょうが、冷静になる必要はあります。
検討している物件を全て見た上で、その部屋がいいのであれば文句はないでしょう。
でも「やっぱり、あっちの部屋を見ておいたほうがよかった」と後悔しないようにしましょう。
部屋は不動産会社のものですが、実際にお金を出すのは私たち消費者です。冷静に冷静に……。
 
  • 入居している人たちはどんなタイプ?
 
どういった年齢層の人なのかを聞くことも大切です。
例えば大学生が多いとおそくまで騒いでいたりします。
そうなるとうるさくて眠れないことになるかもしれません。
詳しく聞くことはできないかもしれませんが、
近くに大学があるようなエリアならばチェックする必要はあります。
 
学生が多いアパートは、あなたが社会人ならば避けたほうがいいでしょう。
一般常識がある社会人ならば夜11時をすぎても騒ぐことはしません。
不動産会社には入居している人たちのデータがあるはずです。
そして文句があっても直接いうことはさけたほうがいいです。
不動産会社に連絡して相談するほうがいいです。
直接話をするとトラブルになったときに仲裁役がいなくなり事件になることもあるからです。
 
  • 一度、家に帰ってクールダウンして検討すること!
 
急な引越の場合はそんな余裕もないでしょう。
ですが時間的に余裕があるならば自宅に戻ってじっくりと検討してみましょう。
よくよく考えてみたら、この部屋はここが問題だとか、
あっちの部屋のほうが案外良かったみたいなことが見えてきます。
 
部屋の見取り図をみながら自分が考えている条件を満たすかどうかをチェックしましょう。
こだわっているポイントも実際に物件をみたら、許容範囲かもしれません。
逆にもっと大事なポイントがでてきているかもしれません。
あれこれ考えながら気に入った部屋をしぼりこみましょう。
 
先に契約されることもあるでしょう。
でも、その場合は縁がなかったのです。
下見に行く場合は自分だけでなく、友達や家族に同行してもらうといいです。
第三者の客観的な意見は意外に的を射ていることも多いです。

東京の激安物件・賃貸・格安アパート

東京の家賃・アパートが安い地域